第11回「新作日本刀 研磨 外装 刀職技術展覧会」募集のご案内

 刀文協は令和3年度の公益目的事業として、長野県の坂城町並びに坂城町鉄の展示館と共催により、第11回「新作日本刀 研磨 外装 刀職技術展覧会」を開催します。今回は、前期(長野「坂城町 鉄の展示館」・後期(東京「明治神宮 宝物殿」)に分けて巡回展として、出品作品を広く刀剣ファンの皆さまにご覧頂けるように企画いたしました。
 尚、昨年11月に鎮座百年大祭を終え、次に本年「宝物殿」竣工100年を迎える明治神宮では、記念として公開イベントも計画いたします。
 本展は大臣賞をはじめ各賞をもって優れた作品を顕彰する「コンクール形式」とするとともに、併せて、当協会の会員・非会員であることに関係なく、日本刀製作に携わる全ての職方の皆さまの成果を広く一般に公開し、正に日本刀文化の振興を図るものであります。
 つきましては、皆さまに鋭意ご応募いただきますよう、開催の概要に関しご案内を申し上げます。ご好評をいただいた前回の実績を踏まえ、今回もさらに充実した内容を期待しております。

 尚、今回も、作刀・刀身彫刻/研磨/刀装の3部門の他に、特別公開部門として、“Sword Oshigata Art”部門を設けます。詳細はこちらのご案内をご覧ください。

○会 場(前期):「坂城町 鉄の展示館」
    〒389-0601 長野県埴科郡坂城町坂城6313-2
○会 場(後期):「明治神宮 宝物殿」
    〒151-8557 東京都渋谷区代々木神園町1-1
○会 期(前期):令和3年7月22日(木)~8月29日(日)
○会 期(後期):令和3年11月7日(日)~12月19日(日)(予定)
   尚、授賞式・懇親会は状況を見て後日、時期・会場を決定予定
○部 門:作刀・刀身彫刻/研磨/刀装の3部門
○分 野:作刀・刀身彫刻・研磨・鐔(その他刀装具)・白銀(鎺その他金具)・白鞘・拵下地・柄巻き・鞘塗り・拵

●審査申込締切:4月15日(木)必着
 審査申込書(PDF形式)はこちらからダウンロード
 審査申込書(Excel形式)はこちらからダウンロード

●作品受付:令和3年5月6日(木)~8日(土)の3日間、午前10時より午後4時まで。
 坂城町 鉄の展示館(長野県埴科郡坂城町坂城6313-2)
 送付による受付も可。但し、上記期間内必着。「時間指定なし」で送付のこと。

 応募の留意事項はこちら(PDF)

※その他の詳細は事務局にお問い合わせください。

 公益財団法人日本刀文化振興協会 事務局
 〒115-0044 東京都北区赤羽南2-4-7 鷹匠ハイツ301号
 https://www.nbsk-jp.org/  電話03(5249)4440 FAX03(5249)0065 E-MAIL tbk@nbsk-jp.org